5G テクノロジーの5つのWave(Roadmap)

by SierraWireless(シエラ ワイヤレス)

2019年9⽉13⽇


5Gセルラー技術はビッグバンの様な突然の変化ではなく、⼀連の波の様に時間的経過によって徐々に進んでいきます。以前の3Gおよび4Gと同様に、5Gテクノロジーについても容易に商業化への反映を展開する事が可能です。

よく⾒てみると、5Gセルラー技術の展開に5つの異なる波があることに気づきます。そのいくつかは既に進⾏中ですが、いくつかはまだ数年先からの運用となる波があります。そして、ホワイトペーパー(5G for IoT? You’re Just In Time)や、ウェビナーでの5G for IoT:B eyond the Hypeで説明していますが、これらの波の⼀部は進化と漸進的な変化を伴いますが、一方、⾰新的でエキサイティングな新しいユースケースも可能にします。

5G Wave 1:固定ワイヤレスアクセス(FWA)

Wave 1では2019年に本格的に始まり、一般家庭や会社などの固定された場所に⾼速のセルラー接続を提 供する固定ワイヤレスアクセスの展開に焦点を当てています。5G固定ワイヤレスサービスを使⽤すると、家庭や企業は、現在の多くの有線ブロードバンドサービスと同じ速さ(またはさらに⾼速)のワイヤレスブロードバンドサービスを利⽤できるようになります。

何故、固定無線が5Gの最初の波なのか?それは、⼩さいエリアでの展開は⽐較的迅速で簡単であり、ビジネ スケースは明確だからです。

5G Wave 2:スマートフォン

5Gセルラー技術のWave 2は、主にスマートフォンに焦点を当てています。2019年は5Gスマートフォンとそれをサポートするネットワークが本格的に始まる年として広く認知されています。実際、ネットワークオペレーターは導⼊を進めており、スマートフォンメーカーは5G対応の新しいモデルを導⼊しています。

Wave 2は、新しい⾼帯域幅のスマートフォンアプリケーションで、多くの拡張モバイルブロードバンド(eMBB)の使⽤例に対応します。このユースケースでは、Wi-Fiまたはその他の⾼帯域幅接続と同じくらい⾼速なスマートフォンのホットスポットから、⾮常に⾼品質のビデオコール、スマートフォンベースのバーチャルリアリティ(VR)または拡張現実(AR)にまで及びます。

5G Wave 3:拡張モバイルブロードバンド(eMBB)

2020年には、eMBBがスマートフォンを超えて他のデバイスにまで拡⼤し、5Gの高速 ピークスピード・レスポンス速度、スペクトル効率、および⼤容量の恩恵を受ける新しいユースケースが⾒られます。

⼈々は、新しいナビゲーションシステム、インフォテインメント、⾞載Wi-Fi、予知保全、自動車保険、EVチャージャー、およびその他、コネクテッドカーサービスを利⽤して、これらの新しいeMBB 5Gアプリケーションを⾞で体験することが期待できます。また、タブレット、ゲームデバイス、VRヘッドセットでモバイルハイデフィニションビデオストリーミング、3Dマルチプレーヤーゲーム、没⼊型ARおよびVRが体験できます。

5Gセルラー技術を使⽤すると、モバイルセルラーデバイスが有線接続のデバイスと同等レベルの機能及びパフォーマンスが提供可能となります。この突破⼝は、上記のユースケースだけでなく、私たちがまだ想像もしていない他の体験も⽣み出します。

5G Wave 4:5G LPWAと⼤規模なIoT

Wave 3の出現とほぼ同時に、Wave 4の登場も⾒られます。Wave4は、既存の低電力ワイドエリア (LPWA) IoT アプリケーションを拡張するための5Gを含みます。これらのアプリケーション、およびLPWA IoTエッジデバイスには、5Gでは様々な⽅法で対応する幅広い要件とユースケースがあります。

このWave 4は、主に(LPWA)テクノロジーを使⽤した⼤規模なマシンタイプコミュニケーション (mMTC)をサポートします。これらのテクノロジーは、低コストデバイス、低電⼒用途、および多数の接続されたエッジデバイスを必要とするIoTアプリケーション⽤に設計されています。特定の地域で。これらのタイプのmMTCユースケースの例には、スマートシティ、スマートロジスティクス、スマートメーター、および同様のアプリケーション⽤のLPWAデバイス(センサーなど)の⼤規模な展開が含まれます。

これらのmMTCの使⽤例に対応する5Gの多くの拡張機能を利⽤するには、ソフトウェアの更新だけで⼗分なので、企業はアプリケーションを4Gから5Gにスムーズに移⾏できます。このため、企業は待つ必要はなく、現在進行または計画している全てのmMTCタイプのIoTアプリケーション開発を進める事ができます。LPWAに対する5Gの拡張機能が利⽤可能になると、アプリケーションをすばやく更新(FOTA)して、これらの拡張機能のメリットを恩恵を受けることができるようになります。


5G waves

5G Wave 5+:5G将来のユースケース

Wave5以降(5+)は5Gの将来のユースケースを提案しており、2021年後半または2022年初頭まで出現を期待されていません。5Gテクノロジーの最初の4つの波は、既存のセルラーユースケースの進化であり、固定無線アクセスの重要な機能強化により、⾼速、⾼帯域幅のモバイルブロードバンド、LPWA mMTCアプリケーションなどに適してます。5Gのミリ波スペクトラムの使⽤と5G New Radio(NR)規格の⼀部であるその他の進歩によって可能になった機能のおかげで、Wave 5+は⼤きな⾶躍を意味します。

5G NRは、既存のセルラーワイヤレスネットワークとは異なるワイヤレススペクトル(20 GHz〜300 GHz)の部分であるmmWaveを使⽤します。この異なるスペクトルは、新しいコアネットワークなどの5G NRの他の技術的進歩とともに、超⾼信頼性、⾮常に低いレイテンシ(URLLC)、⾮常に⾼速なハンドオーバーなど、これまでセルラーテクノロジーでは提供できなかった新しい画期的な機能を提供します。

これらの新機能により、企業は新しい超⾼信頼性、低遅延通信(URLLC)のユースケース向けのアプリケ ーションを開発できるようになります。ここでは、ファクトリーオートメーション(別名スマートファクトリー)、⾃⼰回復型スマートグリッド、さらには⾃動運転支援など、産業⽤IoT(IIoT)またはインダスト リー4.0の⾰新的な新しいアプリケーションについて考えられます。さらに、⾮常に低いレイテンシー、⾮常に⾼い信頼性、⾮常に⾼速なハンドオーバーを実現する5Gの機能により、まだ想定されていない新しいユースケースが出現する可能性があります。

キャッチ 5G Wave

5Gの新機能の段階的な展開を考えると、企業が「5Gの波を捉える」にはさまざまな⽅法があります。最 も重要なのは、企業がパニックを起こして”現在のIoTを保持し、5Gを待つべき“ではないことです。特に、5Gは4Gと共存して4Gの寿命を延ばすように設計されているためです。

たとえば、企業は現在のLPWAイニシアチブを継続でき、Wave4で利⽤可能になったときに5Gの強化されたmMTC機能を利⽤できることを知っています。さらに、今こそ、企業が変⾰の⽅法を考え始める絶好の機会です。 5G Wave 5+で利⽤できる画期的な新しい超⾼信頼性、⾮常に低いレイテンシ、およびその他のURLLC機能を使⽤するビジネスが期待されます

どちらの場合も、企業は⾃問⾃答するでしょう。また、どのタイプの5Gユースケースを使⽤すれば、将来を再考できるでしょうか?Sierra Wirelessは、どのようなユースケースにおいても意味があるIoTの⽬標を実現するために必要な5Gの知識、ソリューション、専⾨知識を提供できます。ホワイトペーパー:5G for IoT? You’re Just in Timeやウェビナー:5G for IoT: Beyond the Hype を参照してください。そしてお客様が5Gを使⽤してコネクテッドエコノミーで成功する⽅法について、Sierraと供にはじめませんか。


関連ブログ: