Sierra Wireless:実網で5G mmWaveテストを実施 5G IoTソリューションの大きな課題を克服

by SierraWireless(シエラ ワイヤレス)

2020年4⽉9⽇


セルラーワイドエリアネットワーク(WAN)インターフェースカードからスマートSIM、2G / 3G / 4GおよびLPWA組み込みモジュールに至るまで、Sierra Wireless(シエラ ワイヤレス)は、最新IoTセルラーテクノロジーを用いて、数十年に渡り、ソリューションを市場に投入する最前線に立ってきました.

経済を変革するための、最新IoTセルラーテクノロジーである5Gについても同様です。

5Gはしばらくの間IoT分野で主流のトピックでしたが、5Gを使用したIoT製品およびアプリケーションの実際のロールアウトは、まだかなり先になります。5G mmWaveテストをはじめ、これらの新しい製品とアプリケーションを実現するために、新しいモジュール、ルーター、その他の5G IoTソリューションの開発と商品化に取り組んでいます。実際、5G IoTソリューションの完全なセットを顧客に提供するための道のりで、すでにいくつかのマイルストーンを通過しています。

最初の5G ミリ波 (mmWave) データ転送テスト

2019年11月、AirPrime EM9190モジュールにて、初めて5Gミリ波(mmWave)データ呼び出しを完了しました。5G mmWaveデータ接続は、サンディエゴにあるクアルコム社のプロトコルラボで、Keysightのテスト機器を使用して完了しました。同年7月に成功したSub-6 5Gデータ伝送の成功に基づいて、このデータコールは、EM9190が20 GHz〜300 GHzで動作するmmWaveデータ伝送をサポートする事を示しました。mmWaveは、4Gよりもはるかに高速なデータレートだけでなく、超高信頼性、非常に低いレイテンシ、および非常に高速なハンドオフを必要とする新しいIoTおよびその他のアプリケーションの導入を可能にします。

5G mmWave New Radio(NR)データ転送は、LTEバンド5および5G NR mmWaveバンドn260を使用して、Non Standalone(NSA)モードで行われました。5G NRのNSAモードは、最初に4G LTE接続を確立し、次にスループットを向上させるために追加の5G NRベアラーチャネルと接続します。

5G NR NSAモードは、5G NR Standalone(SA)モード(4G LTE接続無)よりも高いレベルのパフォーマンスを提供しません。ただし、モバイルネットワークオペレーター(MNO)がSAモードをサポートするまでの間、5G NRネットワークを普及させるために、5G NR NSAモードが今後数年間普及するでしょう。

Verizonの5Gネットワークを介した5Gミリ波データ転送の実施

2020年2月に、VerizonのエリクソンRANインフラストラクチャとニュージャージー州のVerizonのテスト施設にあるEM9190モジュールを使用して、Verizonの5G mmWaveネットワーク経由で5G mmWaveデータ転送を実施しました。5G NR NSAモードコールは、LTEバンド5および5G NR mmWaveバンドn260を使用しました。

EM9190が世界有数のMNOの1つの5Gネットワークで動作することを示すことに加えて、この成功したデータ伝送は、Sierra Wireless EM9190モジュールのVerizonの将来の認定、およびこのモジュールを使用する新しいIoT製品の舞台を設定しますVerizonの5G mmWaveネットワークに接続します。

5Gモバイルネットワークオペレーター、認証機関及び顧客との連携

2020年の第3四半期に新しい5G IoTソリューションの商業化に向けて、他の多くのテスト、認証、および顧客開発サポートを実施しております。具体的な活動の例は次のとおりです。

  • Sierra Wirelessは、北米、アジア、ヨーロッパのVerizon以外のMNOでEM9190モジュールをテストし、これらMNOの5Gネットワークでも動作することを確認しています。たとえば、EM9190モジュールのテストは、AT&TのベンダーラボであるAT&T AVLで既に開始されています。これらのMNOは、5G製品に対する需要が高く、5G NR Sub-6 GHz製品に対する需要が最も高いことを示しています。
  • グローバル認証フォーラム(GCF)およびPTCRB認証も完了しています。
  • テストに加えて、Sierra WirelessはMNO、基地局プロバイダー、およびQualcommと積極的に連携して、EM9190モジュールにDSS(ダイナミックスペクトル共有)を実装し、この機能がモジュールのリリースで確実に利用できるようにします。DSSを使用すると、MNOは4G LTEスペクトルの一部を5Gに動的に割り当てることができ、5Gカバレッジを拡大するのに役立ちます。
  • 私たちは20人以上のローンチ顧客と協力して、EM9190モジュールをプラットフォームに統合し、これらのプラットフォームでモデム起動を成功させました。これらのプラットフォームはすべて、ホストインターフェイスとしてPCIeを使用します。特に5G mmWaveアプリケーションの場合、PCIeはUSBよりも高速のデータ伝送速度、安定性、および信頼性の高い信号を提供します。

5Gコネクテッドエコノミー向けに設計されたモジュール

EM9190は、世界中のネットワークに接続するように設計された5G IoTグローバルモジュールであり、OEM(Original Equipment Manufacturers)や他の企業に、信頼性が高く、高速で低遅延、信頼性の高い5G NR Sub-6 GHzおよびmmWaveのパフォーマンスを提供します。

NSAモードとSAモードの両方で5G NR mmWaveをサポートすることに加えて、Sierra WirelessのEM9190モジュールは、これらの両方のモードでSub-6 GHz接続もサポートします。このモジュールは、4G LTEネットワークとの下位互換性があり、マルチコンステレーションGNSSレシーバー、eSIM、ハイスピードUSB 3.1およびPCIe 3.0インターフェイスを備えています。

Sierra Wirelessの5Gリーダーシップは、モジュールのパフォーマンスと機能性を大きく期待を超えています。5Gがネットワークを介してより多くのデータを送信し、指数関数的により多くのデバイスをオンラインにすることを認識し、また、Sierra Wirelessはセキュリティを5G戦略の基盤の1つにしています。私たちの戦略には、モジュールと他のソリューションの整合性を保護する複数のセキュリティレイヤーを備えた、セキュリティへの多面的なアプローチが含まれています。

さらに、お客様と密接に連携し、セキュリティ技術を最大限に活用して悪意のある攻撃から製品を保護していることを確認します。安全なIoTソリューションの開発に関する豊富な経験を活かして、5Gおよびその他のIoT製品を保護するためのベストプラクティスについてお客様に説明します。

5G成功のためのパートナー

新しい5Gソリューションを市場に投入するまでの道のりで既に多くのマイルストーンを通過しており、テクノロジーやMNOパートナー、そしてお客様と密接に連携して、これらの新しいソリューションを完全に商品化するために必要な他のすべての活動を迅速に完了しています。

5Gアプリケーションが5種類のロードマップで展開し始めると、ビジネスの意思決定者と設計者は、高性能EM9190モジュールと他の5Gソリューションを使用して、大規模低速転送(mMTC)、モバイルブロードバンド(eMBB)、高品質・低レイテンシー(URLLC)アプリケーションを実現可能となります。私たちは、お客様がIoT市場向けの認定された信頼性の高い5Gソリューションを最初に市場に投入できるようにすることに焦点を当てています。

信頼できる高性能5G IoTソリューションと比類のないIoT通信の専門知識により、5GとIoTを使用してコネクテッドエコノミーの価値を引き出す方法を検討している場合は、Sierraから始めましょう。


関連ブログ: